ようこそゲストさん

ようこそ川柳広場へ

2017/06/10(土) 第468回5月20日放送

特選句 

 葉桜になるのを待ってひとり旅      まこと
 

入選句

題『待つ』
 八年も待って実のなる柿を植え      恭子
 慣れないと 免許返納バスを待つ     有子
 待てば海路俺には縁のない話       喜明
 あの頃の笑顔待ってる拉致の母   おーちゃん
 待った甲斐があった隣に妻がいる    一本杉
 きっと来る今も待ってる夢 ロマン    恵
題『自由吟』
 職を辞し眠り貪る君愛し         一徳
 耐えてれば神も振り向く日もあろう    麦人
 出会った日大事にすると言ったのに    朋子
 無印の私にだって小さな自負      わか子
 

選者の一句

 享受する春のリズムの柔らかさ    ヨシヱ



☆7月のお題『魅力』   6月末日締切り。
☆8月のお題『水の音』  7月末日締切り。    

☆ なお『自由吟』は随時、募集しています。
 

投句の宛先

 ☆ 葉書・封書   
   〒673-0493 三木市エフエムみっきぃ
 ☆ Fax番号     0794-86-1761
 ☆ e-mailアドレス  melbo@fm-miki.jp
 ☆ ブログ・コメント欄
   『コメント』欄にご記入いただき、上の『非公開コメント』に『✔』を入れて、非公開でご投稿ください。

2017/06/07(水) 第467回5月13日放送

特選句 

 待つ人のいた頃の駅通りすぎ       朋子
 

入選句

題『待つ』
 月曜日待ちかねているランドセル     颯爽
 人を待つときはコーヒー大にする    まこと
 無情にも来ないで終わる花占い      益弘
 予約でも今日は時間がかかりすぎ    瑠璃子
 待つ身とは辛いものです遠花火      宏之
 待ち合わせラッシュ避けてる老いの足   洋子
題『自由吟』
 群集の中で孤独な胸を張る        喜明
 記者会見随所にいれるカタカナ語    喜佐男
 客来る日ほんとのピール買いに行く    聖也
 夫も逝きお独りさまの世を生きる      恵
 

選者の一句

 雨粒に背いてみたき花の首        敏子



☆7月のお題『魅力』   6月末日締切り。
☆8月のお題『水の音』  7月末日締切り。    

☆ なお『自由吟』は随時、募集しています。
 

投句の宛先

 ☆ 葉書・封書   
   〒673-0493 三木市エフエムみっきぃ
 ☆ Fax番号     0794-86-1761
 ☆ e-mailアドレス  melbo@fm-miki.jp
 ☆ ブログ・コメント欄
   『コメント』欄にご記入いただき、上の『非公開コメント』に『✔』を入れて、非公開でご投稿ください。

2017/06/07(水) 第466回5月6日放送

特選句 

 蹴とばした石のあたりで待たされる    節子
 

入選句

題『待つ』
 来るまでが余りに長い救急車       一徳
 待っている人がいるだけ満たされる  しゅういち
 母がまだ待っていそうな無人駅      麦人
 答出ぬ 寝返り打って夜明け待つ     喜佐男
 子育てに今ならできる待つ余裕      恭子
 信じつつ待てば地の神福の神      わか子
題『自由吟』
 配達が二度の不在に泣かされる      颯爽
 タンポポの元気に伸びる歩数計      洋子
 連休は間口を広げ帰省待つ        めぐ
 激流にのまれぬように距離おいて     朋子
 

選者の一句

 愛された温みで人を慈しむ       ただじ



☆7月のお題『魅力』   6月末日締切り。
☆8月のお題『水の音』  7月末日締切り。    

☆ なお『自由吟』は随時、募集しています。
 

投句の宛先

 ☆ 葉書・封書   
   〒673-0493 三木市エフエムみっきぃ
 ☆ Fax番号     0794-86-1761
 ☆ e-mailアドレス  melbo@fm-miki.jp
 ☆ ブログ・コメント欄
   『コメント』欄にご記入いただき、上の『非公開コメント』に『✔』を入れて、非公開でご投稿ください。

2017/05/20(土) 第465回4月29日放送

特選句 

 めでたくて泣き顔になる この不思議    朋子
 

入選句

題『それぞれ』
 生き方は十人十色我が道を        洋子
 それぞれの個性芽生える子の育ち     麦人
 老妻刺身ポチはビフテキ俺素そば     節城
 それぞれの色でこの世にでる若葉     堅坊
 それぞれに虚栄心でる舞台裏        寿
 僕と妻それぞれ我慢 息してる        富夫
 五百羅漢顔それぞれに過去重ね      有子
題『自由吟』
 しなやかに見せて強か吾が個性        恵
 皆感謝 人に生かされまた生きる   しゅういち
 電池切れ今日は無口を押し通す     わか子
 

選者の一句

 日本の赤字 支払う誰か居る       正明



☆7月のお題『魅力』   6月末日締切り。
☆8月のお題『水の音』  7月末日締切り。    

☆ なお『自由吟』は随時、募集しています。
 

投句の宛先

 ☆ 葉書・封書   
   〒673-0493 三木市エフエムみっきぃ
 ☆ Fax番号     0794-86-1761
 ☆ e-mailアドレス  melbo@fm-miki.jp
 ☆ ブログ・コメント欄
   『コメント』欄にご記入いただき、上の『非公開コメント』に『✔』を入れて、非公開でご投稿ください。

2017/05/13(土) 第464回4月22日放送

特選句 

 背を向けて趣味没頭の父と母         葵
 

入選句

題『それぞれ』
 それぞれの色で迎える春の窓       麦乃
 幸せはそれぞれ自己の彩で咲く       恵
 それぞれの知恵を出し合い新行事      めぐ
 それぞれに別れ行く道 春の花      朋子
 思うこと皆それぞれに ちがうんや    瑠璃子
 それぞれに一理があって卑弥呼論     敏晴
題『自由吟』
 色褪せた夫婦茶碗にある温み       麦人
 主夫をする まだかまだかと急かされる  敏明
 ばあちゃんもシートの上で蝶になる    寿
 指の腹でメールの恋が行き来する     節子
 

選者の一句

 菜の花の真ん中 遠い人を恋う     ヨシヱ



☆6月のお題『マスコミ』 5月末日締切り。
☆7月のお題『魅力』   6月末日締切り。    

☆ なお『自由吟』は随時、募集しています。
 

投句の宛先

 ☆ 葉書・封書   
   〒673-0493 三木市エフエムみっきぃ
 ☆ Fax番号     0794-86-1761
 ☆ e-mailアドレス  melbo@fm-miki.jp
 ☆ ブログ・コメント欄
   『コメント』欄にご記入いただき、上の『非公開コメント』に『✔』を入れて、非公開でご投稿ください。



今回の特選句『背を向けて趣味没頭の父と母』

 面白い視点の句だなあ、と、まず思いました。正明さんは子ども達の目から見た両親、と仰っていました。子ども達の視点で句を作られているのは面白いと思います。私は自分たちの事を客観的にみて作られたのかなと思いました。

 子ども達が一人前に育つまでは父も母も趣味どころではなく、趣味を持っていても本当に趣味の域だったと思います。子ども達が大きくなって、ようやく趣味を楽しまれているのでしょう。いつも向かい合って話し合っていた『親』たちが今はそれぞれの趣味に没頭している。『背を向けて』は、そっぽを向いているのではなく別々の趣味に没頭しながらも近くに居る距離感を詠まれている気がしました。

 一歩引いた視点で詠まれた一句、面白い一句と思います。(桔理子)