ようこそゲストさん

ようこそ川柳広場へ

2017/01/21(土) 第449回1月7日放送

特選句 

     島唄と新酒に酔って鳥飛ばす           翔空
 

入選句

   題『翔く』
     はばたいて低空飛行それもいい         寿々
     飼育員が翔き仕込むコウノトリ          氷筆
     あの雲にのればふる里行くそうだ        喜明
     体力も気力もあった飛んでいた          益弘
     羽搏くと去年も書いてある日記         千恵子
     天翔る竜をうらやむ酉生まれ           洋子
     翔いて紙飛行機は雲になる            敏明
   題『自由吟』
     長生きの秘訣毎日超多忙            無球
     耳そうじ母のぬくもり膝まくら        しゅういち
     むずかしい言葉はいらぬ手を握る        麦人
 

選者の一句

    一本のペンがわたしを鳥にする        ただじ



    ☆2月のお題は『驚く』       1月末日締切りです。
    ☆3月のお題は『顔』        2月末日締切りです。    

    ☆ なお『自由吟』は随時、募集しています。
 

投句の宛先

    ☆ 葉書・封書   〒673-0493 三木市エフエムみっきぃ
    ☆ Fax番号     0794-86-1761
    ☆ e-mailアドレス  melbo@fm-miki.jp
    ☆ ブログ・コメント欄
                『コメント』欄にご記入いただき、上の『非公開コメント』に
                『✔』を入れて、非公開でご投稿ください。



   今回の特選句『島唄と新酒に酔って鳥飛ばす』

    新酒は秋に収穫したお米で醸造したお酒の事で、最近は『寒造
   り』12月~2月頃のお酒を言うそうなので、ちょうど今の季節だと
   思います。

    どのような集まりだったのでしょうか。沖縄の民謡『島唄』を聞か
   れて、それとも一緒に歌われたのでしょうか。遠い故郷の唄を歌い、
   新酒を味わい、そして心地良く酔って。この新酒も故郷のお酒だっ
   たのかも知れません。

    『鳥飛ばす』、この鳥は作者の心でしょうか。心が故郷に飛んで
   いく…望郷の想いが伝わる気がしました。

    賑やかな楽しい宴、その楽しさの中に望郷の想いが込められて
   いる気がして胸にグッとくる一句だと思いました。
                                      桔理子

    
    

2017/01/21(土) 第448回12月31日放送

特選句 

     水漏れがつづき埋まらぬ溝の幅         節子
 

入選句

   題『埋める』
     埋めもどす手際のよさにある不安         恵
     またかいな三面記事の寒いこと        行兵衛
     ポッケの穴埋めて も一度夢を見る      わか子
     千年を埋めて仏が座る杉            まこと
     一年の赤字を埋めるジャンボ籤         めぐ
     家計簿のマスを埋める特売日          義樹
   題『自由吟』
     TPO考えてない腹の虫            一本杉
     一言も喋らず餅を焼いている         喜八郎
     マイナンバー今どうしてる年の暮れ     喜佐男
     おしゃべりなヘルパーさんが来て疲れ     聖也
 

選者の一句

    雫切る前なら傘も貸せたのに           敏子



    ☆2月のお題は『驚く』       1月末日締切りです。
    ☆3月のお題は『顔』        2月末日締切りです。    

    ☆ なお『自由吟』は随時、募集しています。
 

投句の宛先

    ☆ 葉書・封書   〒673-0493 三木市エフエムみっきぃ
    ☆ Fax番号     0794-86-1761
    ☆ e-mailアドレス  melbo@fm-miki.jp
    ☆ ブログ・コメント欄
                『コメント』欄にご記入いただき、上の『非公開コメント』に
                『✔』を入れて、非公開でご投稿ください。



   今回の特選句『水漏れがつづき埋まらぬ溝の幅』

    じっくり読むとなかなか、胸に応える一句です。こういう事はあるも
   のですね…。

    『水漏れ』ですから、ごく少量だったのでしょう。ちょっと気になるけ
   ど、程度の量だったのでしょう。しかし、気が付くと溝が出来てしまっ
   ている。この溝を埋める事が出来ない、とは、本当に辛い状況なの
   でしょう。

    『水漏れがつづき』という表現は凄いと思いました。冷たさやじわ
   じわと拡がっていく感じが良く表されている気がします。作者の視
   線が切ないです。

    人と人、人間関係の危うさ、難しさを詠まれた秀句だと思いした。
                                  桔理子

    

2017/01/21(土) 第447回12月24日放送

特選句 

     わが家にも埋蔵金があるらしい         麦人
 

入選句

   題『埋める』
     その胸に顔を埋めた過去幾度         氷筆
     鉛筆を舐めなめ埋めてゆく予定         節子
     亡き父の記憶を埋める七回忌          俊博
     娘が嫁ぎ隙間を埋めるポチがいる       有子
     抜けた穴待ってましたとすぐ埋まる     一本杉
     出る杭も埋もれる杭もある社会         英明
   題『自由吟』
     物が無く欲も無かったあの時代        一徳
     多機能は要らぬ炊くだけ洗うだけ      わか子
     よく来たね ばあちゃんの味茶碗蒸し    喜佐男
     ガンですと平気で告げる若い医者       聖也
 

選者の一句

    すべて世は世代交代 松葉散る       正明



    ☆2月のお題は『驚く』       1月末日締切りです。
    ☆3月のお題は『顔』        2月末日締切りです。    

    ☆ なお『自由吟』は随時、募集しています。
 

投句の宛先

    ☆ 葉書・封書   〒673-0493 三木市エフエムみっきぃ
    ☆ Fax番号     0794-86-1761
    ☆ e-mailアドレス  melbo@fm-miki.jp
    ☆ ブログ・コメント欄
                『コメント』欄にご記入いただき、上の『非公開コメント』に
                『✔』を入れて、非公開でご投稿ください。



   今回の特選句『わが家にも埋蔵金があるらしい』

    埋蔵金といっても徳川の埋蔵金等でなく、この句は時事吟です。
    ああ、こんなニュースあったなあ、と思って調べてみると…。最初
   に句を読んだ時の印象と違ってきました。作者の詠まれた意図は
   どちらなのでしょうか?

    最初は楽しい句、クスッと笑える句だと思いました。埋蔵金という
   のは、しっかり者の奥様の箪笥預金、へそくり、ファンド等々、ご主
   人の知らない財産があるらしい、という風にとらえていました。ニュ
   ースの『専業主婦・埋蔵金』だけ耳に残っていたので。

    でも、よく調べてみると扶養手当が無くなるとか。専業主婦の埋
   蔵金が危うくなる、みたいな記事でした。

    『へえ。わが家にも埋蔵金があるらしい。知らなかった。扶養手
   当が埋蔵金?何をおっしゃる』 みたいなシニカルな一句のように
   思えてきました。私はシニカルな方が面白い気がします。
                                       桔理子

    

2017/01/07(土) 第446回12月17日放送

特選句 

     失言を埋める言葉にまたコケる        寿美代
 

入選句

   題『埋める』
     ポチよこい ここ掘れワンと言ってくれ      朋子
     いい人と言われ悪玉埋めておく         洋子
     よき昭和 私の奥にまだあった         喜明
     失恋の涙を埋めた日記帳           なごみ
     泣き顔も笑顔も埋める通学路         まこと
     舞うもみじ色あざやかに秋を埋め        恭子
   題『自由吟』
     シャンパンへ力抜けよと発泡酒       千恵子
     親の背の古い答えが今に生き         麦人
     楽しい会あっちこっちで歳忘れ         めぐ
     ハンドルが何時迄持てる日日不安       寿
 

選者の一句

    吉と信じプラス思考の四分音符        ヨシヱ



    ☆2月のお題は『驚く』       1月末日締切りです。
    ☆3月のお題は『顔』        2月末日締切りです。    

    ☆ なお『自由吟』は随時、募集しています。
 

投句の宛先

    ☆ 葉書・封書   〒673-0493 三木市エフエムみっきぃ
    ☆ Fax番号     0794-86-1761
    ☆ e-mailアドレス  melbo@fm-miki.jp
    ☆ ブログ・コメント欄
                『コメント』欄にご記入いただき、上の『非公開コメント』に
                『✔』を入れて、非公開でご投稿ください。



   今回の特選句『失言を埋める言葉にまたコケる』

    まず、上手いなあ!と思いました。とっても『身に覚え』があります。
   なので、つい苦笑い!
    『川柳は人間である』 と言われたのは六大家の一人、椙元紋太さ
   んですが、まさにこの句は『人間』を詠んでいて面白い一句だと思い
   ます。

    正明さんは時事吟として某政治家等々あげられていましたが、時
   事吟と詠んでも本当に面白いと思います。

    私は自分の失言した際の焦り、しまった、と思って継ぎ足す言葉が
   さらに深みに嵌って、致し方無い状態に陥った事を思い出しました。
   後で落ち込むんですよね…。何であんな事言っちゃったのかなあ・・・。
    また思い出してしまった。

    この句は十七音字に上手にまとめられて、わかり易く、そして下五
   の『またコケる』、この軽い表現が上手いなぁと感心しました。内容は
   かなり重いのです。そこを軽く結んでふふっと笑わせて、安心させて
   くれる、佳句だと思いました。
                                      桔理子

2016/12/10(土) 第445回12月10日放送

特選句 

     鳩数え手持無沙汰を埋めている        千恵子
 

入選句

   題『埋める』
     魂よ自由に翔べとクロの墓           いずみ
     コスモスでうずめる兵隊さんの墓       真理子
     余生なお夫婦で埋めていく画帳         麦人
     森のパワー心の傷を埋めていく         洋子
     ひとつずつ脳に記憶を埋めていく        寿々
     辛いこと心に埋めて作る笑み         なごみ
   題『自由吟』
     明日より今日が大事な喜寿の胸        節城
     疑問符がどこまで続く冬木立          喜明
     車椅子の母コスモスの海泳ぐ          氷筆
     二足歩行やめるのいやでスクワット     一本杉
 

選者の一句

    呟きが民意となってゆく うねり        ただじ


    ☆2月のお題は『驚く』       1月末日締切りです。
    ☆3月のお題は『顔』        2月末日締切りです。    

    ☆ なお『自由吟』は随時、募集しています。
 

投句の宛先

    ☆ 葉書・封書   〒673-0493 三木市エフエムみっきぃ
    ☆ Fax番号     0794-86-1761
    ☆ e-mailアドレス  melbo@fm-miki.jp
    ☆ ブログ・コメント欄
                『コメント』欄にご記入いただき、上の『非公開コメント』に
                『✔』を入れて、非公開でご投稿ください。



   今回の特選句『鳩数え手持無沙汰を埋めている』

    川柳は人間の心を詠む文学です。心には喜怒哀楽、様々な感情
   があります。嬉しい事、楽しい事ばかりではありません。この句のよ
   うな気持になる事は人として、あります。

    何となくうら淋しい気持ちの時があるのでしょう。小春日和の静か
   な昼下がりでしょうか。鳩、とあるので公園でしょうか。飛び立ったり
   集まったりする鳩の数をただ数えている。微かなため息をつく気配
   すら感じられます。

    手持無沙汰を埋める相手が、そこそこ人に慣れ、距離を置く鳩で
   ある。

    柔らかさの中のうら寂しさを上手く表現された一句と思います。

                                 (桔理子)

   

1: 麦乃 『はじめまして。 千恵子様の句がとても素敵で心に残ります。「上手いな~」と想って少し前の方までさかのぼって探してみました。他の作品...』 (2017/01/10 6:17)