ようこそゲストさん

ようこそ川柳広場へ

2017/05/13(土) 第464回4月22日放送

特選句 

 背を向けて趣味没頭の父と母         葵
 

入選句

題『それぞれ』
 それぞれの色で迎える春の窓       麦乃
 幸せはそれぞれ自己の彩で咲く       恵
 それぞれの知恵を出し合い新行事     めぐ
 それぞれに別れ行く道 春の花      朋子
 思うこと皆それぞれに ちがうんや    瑠璃子
 それぞれに一理があって卑弥呼論    敏晴
題『自由吟』
 色褪せた夫婦茶碗にある温み       麦人
 主夫をする まだかまだかと急かされる  敏明
 ばあちゃんもシートの上で蝶になる     寿
 指の腹でメールの恋が行き来する     節子
 

選者の一句

 菜の花の真ん中 遠い人を恋う     ヨシヱ



☆6月のお題『マスコミ』 5月末日締切り。
☆7月のお題『魅力』   6月末日締切り。    

☆ なお『自由吟』は随時、募集しています。
 

投句の宛先

 ☆ 葉書・封書   
   〒673-0493 三木市エフエムみっきぃ
 ☆ Fax番号     0794-86-1761
 ☆ e-mailアドレス  melbo@fm-miki.jp
 ☆ ブログ・コメント欄
   『コメント』欄にご記入いただき、上の『非公開コメント』に『✔』を入れて、非公開でご投稿ください。



今回の特選句『背を向けて趣味没頭の父と母』

 面白い視点の句だなあ、と、まず思いました。正明さんは子ども達の目から見た両親、と仰っていました。子ども達の視点で句を作られているのは面白いと思います。私は自分たちの事を客観的にみて作られたのかなと思いました。

 子ども達が一人前に育つまでは父も母も趣味どころではなく、趣味を持っていても本当に趣味の域だったと思います。子ども達が大きくなって、ようやく趣味を楽しまれているのでしょう。いつも向かい合って話し合っていた『親』たちが今はそれぞれの趣味に没頭している。『背を向けて』は、そっぽを向いているのではなく別々の趣味に没頭しながらも近くに居る距離感を詠まれている気がしました。

 一歩引いた視点で詠まれた一句、面白い一句と思います。(桔理子)

2017/05/13(土) 第463回4月15日放送

特選句 

 それぞれに咲く時がある場所がある   寿美代
 

入選句

題『それぞれ』
 比べるより長所見つけて誉めてやる    洋子
 それぞれの個性生かしたボランティア   末美
 梅 桜 それぞれにある死生観       わか子
 それぞれに自分勝手なつくしんぼ     恭子
 それぞれの想いを込める稲荷寿司    まこと
 それぞれに居場所決めてるマイホーム    寿
題『自由吟』
 宝島 地図にはないがきっとある      義子
 春の陽がゆらりコップの中に来る    千恵子
 目の高さちょっと下げたら見えてきた  一本杉
 生き方を教えてくれた犬が逝く      めぐ
 

選者の一句

 時はいじわる すべてを過去にしてしまう  敏子



☆6月のお題『マスコミ』 5月末日締切り。
☆7月のお題『魅力』   6月末日締切り。    

☆ なお『自由吟』は随時、募集しています。
 

投句の宛先

 ☆ 葉書・封書   
   〒673-0493 三木市エフエムみっきぃ
 ☆ Fax番号     0794-86-1761
 ☆ e-mailアドレス  melbo@fm-miki.jp
 ☆ ブログ・コメント欄
   『コメント』欄にご記入いただき、上の『非公開コメント』に『✔』を入れて、非公開でご投稿ください。



今回の特選句『それぞれに咲く時がある場所がある』

 この句を読んだ時、まず春の桜が思い浮かび、これから見頃のサツキ、ツツジ等々が思い浮かびました。私の住む三木市青山の道路の両側にはヒラドツツジが咲き誇り、見事です。
 でも、この句は花を詠まれた句ではなく、人間を詠まれて、深い句だなと思いました。

 人それぞれに『咲く時がある』そして『場所がある』。

 若い頃は楽器の出来る友人に憧れました。必死で練習したけど、そこそこ、でした。絵を描く友人にも憧れました。絵に関しては『超』が付くほど苦手です。音楽に、絵に、没頭する友人が眩しかったです。
 でも、川柳と出会ってやっと、『場所』を見つけた気がしました。憧れでなく、川柳には自然と打ち込める気がしました。華々しく咲かなくてもいい、ひっそりと咲いていたいと思える場所です。

 人『それぞれに』『咲く時がある』『場所がある』。
 瞼には好きな花の姿と園を思い浮かべながら、ふと自分と重ねて立止まる、素敵な一句だと思います。(桔理子)

2017/05/06(土) 第462回4月8日放送

特選句 

 それぞれの立場で名刺ものを言い    英明
 

入選句

題『それぞれ』
 それぞれの人生がある靴の音      義子
 十人が十色で世間闊歩する       益弘
 それぞれの課題集まる美容院      麦人
 訳ありのそれぞれの品捨てられず    めぐ
 花 はな 花 それぞれ言い分あるのよね  節子
題『自由吟』
 年の功アングル変えて今日を生き     恵
 落日が確かな明日を置いてゆく     喜明
 日向ぼこ猫とじいさんリズミカル    朋子
 花見には去年の友と会えるかな    瑠璃子
 

選者の一句

 オアシスになろうと春のチェロ響く  ただじ



☆6月のお題『マスコミ』 5月末日締切り。
☆7月のお題『魅力』   6月末日締切り。    

☆ なお『自由吟』は随時、募集しています。
 

投句の宛先

 ☆ 葉書・封書   
   〒673-0493 三木市エフエムみっきぃ
 ☆ Fax番号     0794-86-1761
 ☆ e-mailアドレス  melbo@fm-miki.jp
 ☆ ブログ・コメント欄
   『コメント』欄にご記入いただき、上の『非公開コメント』に『✔』を入れて、非公開でご投稿ください。



今回の特選句『それぞれの立場で名刺ものを言い』

 私が川柳を始めた時、私の師と仰ぐ方は、『川柳は師も弟子も無い。私たちはたまたまこうして勉強会で出会って、私が講師という立場にいるから、この場所では先生と呼んで貰ってもいいけれど句会では「さん」付けで呼んで下さいね』と仰いました。
 私が川柳は素敵だなと思った最初の事です。以来ずっと実行中です。

 川柳では名刺の肩書は無効です。でも、一般社会では『名刺』はその人物を越えて『ものを言』うのでしょう。

 便利な場合も、さぞかし困る場合もあるのでしょう。『名刺』は立場を優先します。

 仕事の現場を、有様を、少しの風刺も込めてサラリと詠まれた一句、うんうん、と頷かれる方も多いと思います。(桔理子)

2017/04/22(土) 第461回4月1日放送

特選句 

 それぞれの人生観で花見する       朋子
 

入選句

題『それぞれ』
 それぞれの生き方がある それでいい   麦乃
 それぞれの意見を通す春嵐        末美
 それぞれの心を繋ぐ紙コップ       敏明
 それぞれの祝いの言葉みな同じ      めぐ
 それぞれの国益優先ポピュリズム     恭子
 帰り待つあの人想う夜行バス       一徳
題『自由吟』
 懐かしく忘れられない傷もある      義子
 私より存在感のあるカード       わか子
 勝ち負けは言わぬ余生の気の軽さ     麦人
 酔うたかな記憶に母が消えている     喜明
 

選者の一句

 レガシーか硯と筆を置く机       正明



☆6月のお題『マスコミ』 5月末日締切り。
☆7月のお題『魅力』   6月末日締切り。    

☆ なお『自由吟』は随時、募集しています。
 

投句の宛先

 ☆ 葉書・封書   
   〒673-0493 三木市エフエムみっきぃ
 ☆ Fax番号     0794-86-1761
 ☆ e-mailアドレス  melbo@fm-miki.jp
 ☆ ブログ・コメント欄
   『コメント』欄にご記入いただき、上の『非公開コメント』に『✔』を入れて、非公開でご投稿ください。



今回の特選句『それぞれの人生観で花見する』

 この句を読んだ瞬間、満開の桜と、その桜を見上げる人の姿と、下から見上げて目に映る桜の光景が浮かびました。
 でも、私の脳裏に浮かんだ光景は私の人生観の光景です。
 この句を読んで浮かべる光景はそれぞれ、一人一人違った光景なのでしょう。

 日本人にとって花見は春の待ち遠しいイベントの一つです。特別な観光地でなくても『ソメイヨシノ』は公園や学校、駅、私も町にもいたる所に植えられていて春を彩ります。でも、満開は本当に短いですね。
 私のハマっている米ドラマでの別れのシーンが偶然だったのかも知れませんが花吹雪の頃で、死地に赴く友をハグするその髪に、肩に花弁が舞い落ち、海外でも桜なのかな、と思ったりしました。

 日本人にとって馴染みの深い桜です。桜に重ねる人生はそれぞれ。サラリと深い一句だと思いました。(桔理子)

2017/04/22(土) 第460回3月25日放送

特選句 

 懸命に生きた親父に遺産なし      としや
 

入選句

題『顔』
 黒板に恩師の顔が消えぬまま      まこと
 顔を見て態度の変わる情けなさ      富夫
 わが庭に早や顔を出す蕗のとう      麦人
 どぶ板をどこでも踏んで顔を売り     一徳
 ダイエットすると余病が顔を出す     敏晴
 美人ならどんな人生 今さらね     瑠璃子
 整形を顔認証が通せんぼ      おーちゃん
題『自由吟』
 酒に酔い理性と本音喧嘩する      一本杉
 梅が咲き小鳥が歌う 歩きましょ     めぐ
 役交代気抜けしそうでボケそうで      寿
 

選者の一句

 幸せを拾うこころの種を蒔く     ヨシヱ



☆6月のお題『マスコミ』 5月末日締切り。
☆7月のお題『魅力』   6月末日締切り。    

☆ なお『自由吟』は随時、募集しています。
 

投句の宛先

 ☆ 葉書・封書   
   〒673-0493 三木市エフエムみっきぃ
 ☆ Fax番号     0794-86-1761
 ☆ e-mailアドレス  melbo@fm-miki.jp
 ☆ ブログ・コメント欄
   『コメント』欄にご記入いただき、上の『非公開コメント』に『✔』を入れて、非公開でご投稿ください。



今回の特選句『懸命に生きた親父に遺産なし』

 この句の作者の真意はどうなのでしょうか。自嘲の句でしょうか。一見自嘲するかのように見せて、その生き方を誇らしく思われているのでしょうか。『親父に遺産なし』と締めくくった句です。

 『句は一人歩きする』と言われます。作者の真意とは違っていても一度手から放れた句の鑑賞は読み手に委ねられるもの、だそうです。だから私の鑑賞を述べさせて頂きます。

 懸命に働き、家族を守り、真面目に生きた『親父』には金目の遺産は無かった。何にも残さなかった。その生き様と背中以外は。

 『親父』に親しみと尊敬の気持ちを感じました。『遺産なし』と締めくくられ、哀愁を感じました。ふと父の姿が脳裏に浮かんだ一句です。(桔理子)