ようこそゲストさん

ようこそ川柳広場へ

2021/09/30(木) 第698回  10月17日放送

【今日の一句】
人生の名人今日を使い切る  進

『入選句』
お題:石
火器持たぬ民衆の手に石礫  高島
問題は私か石になってみる  雨径
婆ちゃんは皆の漬物石だった  治
人ごみに真の宝石埋もれてる  とし子
ときめいて長蛇の中を月の石  洋子
野仏の苔むす顔や父母に似て  鶏子
むずかしい質問されて石になる  弘幸

お題:自由吟
人生を明るくしますカレー味  一本杉
進化した世にも足りない科学の灯  恵
軽トラの爺ちゃんと行く保育園  やんちゃん

募集中のお題
11月:「吹く」10月末締切
12月:「とうとう」11月末締切
自由吟は随時募集しています。

『川柳アラカルト』
添削について

【選者の一句】
談笑も交え懐かし父母の墓  桔理子

投句・お便りの宛先
〒673-0493
三木市エフエムみっきぃ
FAX:0794-86-1761
メール:melbo@fm-miki.jp
たくさんの投句・お便りお待ちしています。

2021/09/30(木) 第697回  10月10日放送

【今日の一句】
捨て石が布石の顔で生きている  サバトラ

『入選句』
お題:石
経年で河原の石になりました  益弘
婆ちゃんの漬け物石は宝物  やんちゃん
恐竜のロマンを語り継ぐ化石  進
石仏の顔さむかろ猫じゃらし  恭子
水切りの水面(みなも)を走る石の跡  昭ちゃん
CTに写る小石よ穏やかに  寿

お題:自由吟
わが影にわが人生を問うてみる  和代
善人を演じるたびに肩が凝る  麦人
医療戦士の無事と感謝の旗を振る  喜佐男
バーボンはロックで愛は水割りで  敏晴

募集中のお題
11月:「吹く」10月末締切
12月:「とうとう」11月末締切
自由吟は随時募集しています。

『川柳アラカルト』
一句鑑賞
「国宝と呼ばれ黙って紙を漉く」塩谷武夫

【選者の一句】
コロナ禍が明けたら旅だ乾杯だ  敏子

投句・お便りの宛先
〒673-0493
三木市エフエムみっきぃ
FAX:0794-86-1761
たくさんの投句・お便りお待ちしています。

2021/09/30(木) 第696回(第26回みっきぃ賞) 10月3日放送

【最優秀賞】
春ですね蛇口の水がやわらかに  ゆき子

【優秀賞】
靴下の穴でも君は詩にする  敏晴

『入選句』
お題:同情
同情をされてる内はまだひよこ  益弘
よく解るが同情しても諭吉留守  喜佐男
現状をわかってくれた好かぬ奴  サバトラ

お題:スタート
三番ホーム夢はここから始まった  治
パンパンと埃払ってスタート日  めぐ
スタートで人を知りたい語りたい  修一

お題:埋める
埋め戻ししたのに土が余ってる  浩
好きな色ばかりで埋めている余白  和代
まがままを埋めて理性のある余生  恵
深く深く埋めてもボクを呼んでいる  浩

お題:相手
激闘が終わり抱き合う好敵手  益弘
もう飼えぬノラを相手に老いを知る  恭子

お題:わくわく
マー君の復帰わくわく被災の地  麦人
学生証持てば古希でもわくわくと  敏晴
初恋の彼に再会照れる母  やんちゃん

お題:うっかり
答案用紙百点なのに名前なし  孝子
ウィズコロナなんてうっかり言うからや  敏晴

お題:自由吟
コロナ禍に引退決める招き猫  進
丹田に人生訓を据え生きる  高島
知らんけど便利な語尾に遊ばれる  寿
極限の現場に咲かす若い笑み  治
渡る風感じた時の色になり  和代
掲載句一週間の力水  一本杉

募集中のお題
11月:「吹く」10月末締切
12月:「とうとう」11月末締切
自由吟は随時募集しています。

【選者の一句】
席のある電車に心広う乗り  椙元紋太

投句・お便りの宛先
〒673-0493
三木市エフエムみっきぃ
FAX:0794-86-1761
メール:melbo@fm-miki.jp
たくさんの投句・お便りお待ちしています。

2021/09/16(木) 第695回  9月26日放送

【今日の一句】
内視鏡もやもや消えて虹が出た  孝子

『入選句』
お題:「写す」
政権の凋落写す辞任劇  一徳
「映える」画へ寝ころんでまで写す意地  なごみ
内緒だが本音を写すカメラです  高島
コロナ禍で写す社会も様変わり  優之
町内も防犯カメラ睨んでる  寿
我が家には妻の写し絵二人いる  憲政

お題:自由吟
境界線なくていいんだ世界地図  一本杉
グルメレポやばいやばいと食べ尽くす  進
ハンバーガー半分こして味見する  喜佐男
皿の色気にして食べる回る寿司  やんちゃん

募集中のお題
10月:「石」9月末締切
11月:「吹く」10月末締切
自由吟は随時募集しています。

『川柳アラカルト』
「時事川柳」の解釈について
 狭義と広義


【選者の一句】
大臣になると強まる物忘れ  紘一

投句・お便りの宛先
〒673-0493
三木市エフエムみっきぃ
FAX:0794-86-1761
メール:melbo@fm-miki.jp
たくさんの投句・お便りおまちしています。

2021/09/16(木) 第694回  9月19日放送

【今日の一句】
アンテナを身の丈にして恙がなく  洋子

『入選句』
お題:写す
鏡みて私がいるよ亡母もいる  鶏子
卒寿なお見直しをする青写真  進
青春がはにかんだまま褪せていく  雨径
写らないビリの頑張り涙汗  恭子
写真ではイケメンだったお爺ちゃん  やんちゃん
バックミラー救急車みえかたまる手  寿
写したい写されたいのいいコンビ  めぐ

お題:自由吟
豪腕に一点遠い甲子園  一本杉
目に見えぬ焦りを抱いて日々暮れる  和代
三密を避けりゃ足湯にお湯が無い  敏晴

募集中のお題
10月:「石」9月末締切
11月:「吹く」10月末締切
自由吟は随時募集しています。

『川柳アラカルト』
お便り紹介

【選者の一句】
追いかけたい足音ばかり雲ふわり  ヨシヱ

投句・お便りの宛先
〒673-0493
三木市エフエムみっきぃ
FAX:0794-86-1761
メール:melbo@fm-miki.jp
たくさんの投句・お便りお待ちしています。