ようこそゲストさん

ようこそ川柳広場へ

2019/05/09(木) 第572回  5月18日放送

【今日の一句】
ロボットよ悲しい酒は分かるまい  進

『入選句』
お題:夜明け
窓際に令和の夜明け正座して  孝子
病室で夜明けの検査異常なし  ブタ子
久びさに姉妹と語り夜明けまで  和代
朝もやに昨日と違う予感する  恭子
荒波を越えて又越え夜が明ける  めぐ
いいニュース夜明けを待ってする電話  恵
もめごとも何処へ飛んだか夜が明ける  寿

お題:自由吟
大切にします誓った人忘れ  しゅういち
長男に退位せまられまざ傘寿  朋子
仏壇へ今朝はパンでもいいですか  葵

募集中のお題
6月:「迷う」5月末締切
7月:「夏」6月末締切
自由吟は随時募集しています。

『川柳アラカルト』
岸本水府(番傘)の世界
ぬぎすててうちが一番よいという  水府

【選者の一句】
令和にも響かせようぞ反戦歌  敏子

投句・お便りの宛先
〒673-0493
三木市エフエムみっきぃ
FAX:0794-86-1761
メール:melbo@fm-miki.jp
たくさんの投句・お便りお待ちしています。

2019/05/09(木) 第571回  5月11日放送

【今日の一句】
夜は明ける悩まなくても大丈夫  益弘

『入選句』
お題:夜明け
鯉のぼり改元と言う夜が明ける  雨径
夜明け前夕方なのかテレビ見る  しゅういち
心にも薄化粧して待つ夜明け  進
夜明けから米研ぐ音が里の母  洋子
点滴が外れ夜明けと知らされる  なごみ
ふんぎりを付けさせたのもあの夜明け  ゆき子

お題:自由吟
母ちゃんが重しなんです我が家族  一本杉
東京を目指す若人新記録  一徳
出生欄字は読めないがかわいい名  喜佐男
雑草も十連休で伸び放題  弘幸

募集中のお題
6月:「迷う」5月末締切
7月:「夏」6月末締切
自由吟は随時募集しています。

『川柳アラカルト』
一句勧賞
懸命に生きて添え木に甘んじる  大屋しげの

【選者の一句】
先輩が夜明けをくれた投影図  夏牛

投句・お便りの宛先
〒673-0493
三木市エフエムみっきぃ
FAX:0794-86-1761
メール:melbo@fm-miki.jp

たくさんの投句・お便りお待ちしています。

2019/04/24(水) 第570回  5月4日放送

【今日の一句】
万葉集今読み直す四月尽  わか子

『入選句』
お題:夜明け
辛い夜が過ぎて朝日がわれを射る  富夫
夜明けまでざあざあ降っていた悔悟  雨径
勇退の決意導く朝日射す  一徳
万物の命点検夜明け前  進
夜明け前雑念を断つししおどし  恭子
打つ手ならまだある夜明け待ってから  節子
一枚の葉書私の夜を明ける  恵

お題:自由吟
躓いた数だけ増える脳の皺  一本杉
おしゃべりの声だけ若い高令者  とし子
納豆の糸が絡んだ言い逃れ  喜佐男

募集中のお題
6月:「迷う」5月末締切
7月:「夏」6月末締切
自由吟は随時募集しています。

【選者の一句】
柔かくやさしく生きるためらわず  ヨシヱ

投句・お便りの宛先
〒673-0493
三木市エフエムみっきぃ
FAX:0794-86-1761
メール:melbo@fm-miki.jp
たくさんの投句・お便りお待ちしています。

2019/04/24(水) 第569回  4月27日放送

【今日の一句】
新車買い愈々八十路夫婦旅  めぐ

『入選句』
お題:いよいよ
いよいよだ本番前の心意気  しゅういち
故郷がついに皆逝き軒つばめ  和代
長年の夢がいよいよ家建てる  とし子
待ったなし二重ローンの返済日  恭子
冬物をどっさり洗う春本番  葵
母の日へカーネーションが出番待つ  麦人

お題:自由吟
うまそうな儲け話に耳が寄る  一本杉
四季の歌近年夏が苦手です  喜佐男
寒暖も花粉もきつい春嵐  洋子
納得の傘から漏れてきたしずく  ゆき子

募集中のお題
6月:「迷う」5月末締切
7月:「夏」6月末締切
自由吟は随時募集しています。

【選者の一句】
大聖堂襲う火の手にみる無慈悲  ただじ

投句・お便りの宛先
〒673-0493
三木市エフエムみっきぃ
FAX:0794-86-1761
メール:melbo@fm-miki.jp
たくさんの投句・お便りお待ちしています。

2019/04/04(木) 第568回  4月20日放送

【今日の一句】
下積みの修行に堪えた暖簾分け  憲政

『入選句』
お題:いよいよ
いよいよの時に入れる穴がある  雨径
論されていよいよ返す免許証  進
号砲をいまかいまかと人の群  ゆき子
愈々の期待の裏のオリンピック  めぐ
スギ花粉いよいよ機嫌とりに来た  節子
退院しいよいよきめな遺言を  瑠璃子

お題:自由吟
ドルと元取っ組み合いがまとまらない  一本杉
大臣は順番制で次は僕  喜佐男
春がくるくぎ煮ができず花粉症  朋子
悩み事切羽詰まってハイと言う  弘幸

※自由吟の一本杉さんの作品を放送内では富夫さんと紹介しました。
訂正させていただきます。

『川柳アラカルト』
一句勧賞
穿かせても春を素足で踏みたがる  安東弘恵

【選者の一句】
いよいよかヴァージンロード腕ふるえ  夏牛

投句・お便りの宛先
〒673-0493
三木市エフエムみっきぃ
FAX:0794-86-1761
メール:melbo@fm-miki.jp

たくさんの投句・お便りお待ちしています。