ようこそゲストさん

ようこそ川柳広場へ

2017/04/20(木) 第459回3月18日放送

特選句 

 斜交いに見たらなんとかなる鏡      喜明
 

入選句

題『顔』
 何食わぬ顔だが嘘を付けぬ眉       麦乃
 これからももっと増やすぞ笑い皺     洋子
 童顔の君のごめんをまた許す      寿美代
 ネクタイを外すと裏の顔になる      義子
 忘れましょ やはり笑顔が似合います  喜佐男
 ナショナリズムの不気味な流れ顔を出す  堅坊
題『自由吟』
 物忘れするから物が覚えられ      一本杉
 川柳の話題を持って世を渡る    しゅういち
 文明の機器顔負けの老いの知恵      節子
 花咲けど還らぬ島が北にある       敏晴
 

選者の一句

 木洩れ日の森に少年期の影絵     ただじ



☆5月のお題『待つ』   4月末日締切り。
☆6月のお題『マスコミ』 5月末日締切り。    

☆ なお『自由吟』は随時、募集しています。
 

投句の宛先

 ☆ 葉書・封書   
   〒673-0493 三木市エフエムみっきぃ
 ☆ Fax番号     0794-86-1761
 ☆ e-mailアドレス  melbo@fm-miki.jp
 ☆ ブログ・コメント欄
   『コメント』欄にご記入いただき、上の『非公開コメント』に『✔』を入れて、非公開でご投稿ください。



今回の特選句『斜交いに見たらなんとかなる鏡』

 もう、何と言って良いのか!噴き出してしまいました。

 最近お化粧の乗りが良くないし、髪型もすんなりと決まらない。鏡を覗き込んでいると要らない物まで目に付いてくる。笑ったり顰めたり、横目で見てみたり…。お?
 斜交いに見てみたら?この角度なら『まだイケてる』

 そんな意味じゃないと思います。寄る年波をちょっと自分自身で揶揄っておられるのでしょうか。でも、そこには(まだまだイケる。捨てたもんじゃない)とか、(まだ前に進むぞ)という気持ちも含まれている気がします。

 何だか余裕ですね!『斜交いに見たら』ほら!
 そんな声が、明るい笑みが見えるような気がします。

 ユーモアと軽みのある佳句だと思いました。(桔理子)

2017/04/19(水) 第458回3月11日放送

特選句 

 ポケットに外出用の顔がある      まこと
 

入選句

題『顔』
 恋かしら絵文字の顔が笑ってる     なごみ
 猫でさえ顔を洗っている気配        一徳
 立たされた顔が揃ったクラス会      麦人
 大口をあけてバーガー食べる青春(ハル)   恭子
 かくせない心の叫び顔に出る        寿
 下心 用もないのに顔を出す        敏明
題『自由吟』
 豊かさに溺れてないかゴミ出し日     洋子
 修飾語かえて躱した四面楚歌      わか子
 健康で長生きしたい日脚伸ぶ       めぐ
 枯れ野から春が生まれる音がする     義子
 

選者の一句

 もう絵にはならぬか薔薇を抱いたとて   敏子



☆5月のお題『待つ』   4月末日締切り。
☆6月のお題『マスコミ』 5月末日締切り。    

☆ なお『自由吟』は随時、募集しています。
 

投句の宛先

 ☆ 葉書・封書   
   〒673-0493 三木市エフエムみっきぃ
 ☆ Fax番号     0794-86-1761
 ☆ e-mailアドレス  melbo@fm-miki.jp
 ☆ ブログ・コメント欄
   『コメント』欄にご記入いただき、上の『非公開コメント』に『✔』を入れて、非公開でご投稿ください。



今回の特選句『ポケットに外出用の顔がある』

 この句を見た時、面白い句だなあと思いました。
 でも、この句の一つ一つの言葉の意味を考えても良さは味わえないと思います。
    
 全体をサラッと読んで面白さを味わいたい一句です。

 誰でも家でのリラックスした顔と、『外出用の顔』を持っているはず。身支度を整えて襟を正し、玄関を開ける時『ポケット』から取り出す顔はどんな顔でしょうか?真面目そうなのか、厳めしいのか、或いは優しそうか、笑っているのか…。
 いろいろ想像して、楽しい句だなと思いました。

 内と外を分ける表情を『ポケットに』入っていると表現するなんて面白いと思います。
 読み手の想像力を掻き立てる楽しい一句です。(桔理子)

2017/04/11(火) 第457回3月4日放送

特選句 

 顔見世を財布のひもを切って観る     富夫
 

入選句

題『顔』
 古希こえて責任とれぬボクの顔     としや
 おっぱいが足りてスヤスヤ天使顔     まこと
 横顔をまた見てしまう片思い      寿美代
 美人だといわれたこともある記憶     麦乃
 ツンとしたお顔はなぜか寂しそう     洋子
 勲章のような手のしわ顔の皺       富夫
題『自由吟』
 本好きを装い通う昼寝場所        一徳
 日本中嬉し涙の稀勢の綱         麦人
 捻子巻いてどんと翔ぼうか八十の足     恵
 充電完了やっとやさしい顔になる     節子
 

選者の一句

 信長の影に明智の居る社会      正明



 ☆5月のお題は『待つ』  4月末日締切り。
 ☆6月のお題は『マスコミ』5月末日締切り。    

 ☆ なお『自由吟』は随時、募集しています。
 

投句の宛先

 ☆ 葉書・封書   
   〒673-0493 三木市エフエムみっきぃ
 ☆ Fax番号     0794-86-1761
 ☆ e-mailアドレス  melbo@fm-miki.jp
 ☆ ブログ・コメント欄
   『コメント』欄にご記入いただき、上の『非公開コメント』に『✔』を入れて、非公開でご投稿ください。



今回の特選句『顔見世を財布のひもを切って観る』

 『顔見世』とは、『歌舞伎で1年に1回、役者の交代のあと新規の顔ぶれで行う最初の興行のことで歌舞伎興行において最も重要な年中行事とされる。』とあり、『現在も11月・歌舞伎座、12月・全国の劇場(芝居小屋)で行われるが、なかでも京都南座の12月顔見世公演は最も歴史が古いことで有名』とありました。

 私は歌舞伎を観に行った事が無く、詳しい事は知りませんが、歌舞伎を鑑賞される方にとって心躍るような舞台なのでしょう。『財布のひもを切って』とあります!年に一度の待ちに待った、そんな気持ちが伝わるようです。
 この日ばかりは心も財布も贅沢にという事なのでしょう。

 『財布のひもを切って観る』楽しい一句だと思います。(桔理子)

1: ようこそ川柳広場へ 『しゅういち様  いつも放送を聴いて下さって、ありがとうございます!  実は、事情で放送に出演する時間が上手く作れなくなり、今後、...』 (2017/04/17 19:18)

2: ようこそ川柳広場へ 『しゅういち様  温かいお言葉、嬉しいです!ありがとうございます。今まで頑張って来て良かったです。  ブログも早く追いついて、続け...』 (2017/04/19 12:57)

3: ようこそ川柳広場へ 『颯爽さま  初投句、ありがとうございます。拝受致しました。  もしよろしければ地域を教えていただけますか?  兵庫県、とか、神戸...』 (2017/04/19 13:02)

2017/04/10(月) 第456回2月25日放送

特選句 

     なにくそと地球の端にしがみつく       千恵子
 

入選句

   題『驚く』
     へそくりを妻が見つけた夢を見た       敏明
     大仰に驚いてやるだまし舟           氷筆
     近所では僕より顔の広いポチ      おーちゃん
     開票し あっと驚く当選者             めぐ
     神信じ愛を信じて何故奈落           喜明
     かまどでも米が炊けると驚く子        まこと
     あの人がまだ生きている年賀状      行兵衛
   題『自由吟』
     港にてうたうよ孫と赤い靴            朋子
     よどみなく杯あげ酔いを自覚せぬ      としや
     ボールペン使い切ってのすっきりさ       寿
 

選者の一句

    原点に戻れば波と磯の香と          ヨシヱ



    ☆5月のお題は『待つ』       4月末日締切りです。
    ☆6月のお題は『マスコミ』     5月末日締切りです。    

    ☆ なお『自由吟』は随時、募集しています。
 

投句の宛先

    ☆ 葉書・封書   〒673-0493 三木市エフエムみっきぃ
    ☆ Fax番号     0794-86-1761
    ☆ e-mailアドレス  melbo@fm-miki.jp
    ☆ ブログ・コメント欄
                『コメント』欄にご記入いただき、上の『非公開コメント』に
                『✔』を入れて、非公開でご投稿ください。



   今回の特選句『なにくそと地球の端にしがみつく』

    川柳は口語体で作る。川柳と俳句との違いの一つだと思います。
   この句の『なにくそ』、俳句では決して使わないでしょう。『なにくそ』
   どうするのか、と言うと『地球の端にしがみつく』のです。
    面白いなあと思いました。

    とても抽象的で『何に』『何故』『何があったのか』といった事柄を
   一切、はっきりと書かれていないのですが、読み手は思わず自分
   自身の何かと重ねてしまう。妙に納得して過去の経験、現在の立
   場等と重ねてしまいます。お上手だなあと感心しました。

    『地球の端にしがみつく』 まだまだへこたれていてはいけない、
    しがみ付いてやれ!と、身を質す思いです。
                                     (桔理子)

2017/03/18(土) 第455回2月18日放送

特選句 

     アメリカに金棒持った鬼が出た         秀夫
 

入選句

   題『驚く』
     赴任先 突然妻がやって来た         千恵子
     多国語にびっくり冬の温泉地          洋子
     うっかりと聞いてしまった病名を          寿
     九九宿題 妹先におぼえてる         瑠璃子
     無人駅驚く程に手入され            敏明
     タバコ止め酒まで止めた友が逝く    おーちゃん
   題『自由吟』
     九条を舌で丸めて安保法          一本杉
     鉛筆の六面回し天気知る         しゅういち
     星が降るご無沙汰ばかり亡母の星     喜佐男
     丸木橋不退を決めて渡った日         節城
 

選者の一句

    人肌が良いねお酒も繋ぐ手も          敏子



    ☆5月のお題は『待つ』       4月末日締切りです。
    ☆6月のお題は『マスコミ』     5月末日締切りです。    

    ☆ なお『自由吟』は随時、募集しています。
 

投句の宛先

    ☆ 葉書・封書   〒673-0493 三木市エフエムみっきぃ
    ☆ Fax番号     0794-86-1761
    ☆ e-mailアドレス  melbo@fm-miki.jp
    ☆ ブログ・コメント欄
                『コメント』欄にご記入いただき、上の『非公開コメント』に
                『✔』を入れて、非公開でご投稿ください。



   今回の特選句『アメリカに金棒持った鬼が出た』

    私の実家では朝日新聞を購読していました。現在はどうなのか
   分かりませんが時事の風刺画が載っていて、面白くて、幼いなが
   らも感心した思い出があります。

    この句も面白くて、しかしドキッとする風刺画のようです。
    ハッキリ書いても良いのかな?
    せっかく時事川柳をタイムリーに、面白可笑しく、かなり痛烈に
   詠まれているので、そのままに味わいたいと思います。

    何年か経ち、この句を読んで『金棒持った鬼』が誰の事で、ああ、
   あの年だったね、と、笑えるといいですね。

    数年経って読み返したい比喩の楽しい一句だと思います。
                                    (桔理子)